FC2ブログ
   
01
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おいしい仕事?(11)最後話




   おいしい仕事?(11)最終話


事務所へ向かう蓮の車の中で一週間分の蓮とキョーコちゃんのスケジュールを二人に伝える。

二人とも二重生活をしている為に移動に普段より時間が掛かったり、衣装や私服の準備も二倍の手間がかかる。キョーコちゃんは「京子」と「カイン&雪花」のスケジュールを把握しなくてはならず負担も大きいはずだ。

俺の伝えたスケジュールを、手帳にメモし終えたキョーコちゃんが突然「社さん、お願いがあるんです。」と言った。

何のお願いだろう?キョーコちゃんの負担を軽くする為のお願いなら何でも聞く気で「何のお願い?」と返すと思ってもいなかったお願いを話し始めた。

「…敦賀さんに、私の服やバックを買わないよう、社さんからもお願いして下さい。私には勿体ない品ばかりで…。」

男からの貢ぎ物なんて、当然とかラッキーと思う女の子も多い中、キョーコちゃん君って子は……

「まあ、まあ、キョーコちゃん。今回はキョーコちゃんに迷惑かけぱなしだから受け取ってやって。」

「そんなぁ、社さんまで…」

「どの服もキョーコちゃんによく似合ってるし、それに、良家の子女の役柄に必要だよ。衣装だと思って着てあげて。」

そう。どの服もよく似合っていた。例のオーダーメイド服、一着かと思っていたら六着もあった。これには流石に俺もビックリした。

一着ずつ渡すつもりだったのかもしれないが、ドラマ出演が決まって衣装に困らないように、まとめてキョーコちゃんに渡したのかもしれない。

「でも…」

「蓮にはこれ以上買わないように、今注意するから。蓮!キョーコちゃんをこれ以上困らせるなよ。」

「…わかりました、今回はこれ以上買い物はしないよう気をつけます。最上さん、ごめんね。」

「今回は」ねぇ。しないって断言しない所をみれば、隙があれば何か買いそうだな…。

「キョーコちゃん、そう言う訳だから今回は遠慮しないで受け取るんだよ。」

「…わかりました。ありがとうございます、社さん、敦賀さん。」

やっと解決したか、ヤレヤレと思っていると、キョーコちゃんの口から最大級の爆弾発言が飛び出した。

「敦賀さん、本当に約束ですよ。もし破ったら、私『雪花』としての役割が終わっても、今度は『最上キョーコ』として、一生、敦賀さんに纏わり付きますからね!」

「…………。」「…………。」

蓮と二人で絶句した。

それは蓮にとって、願ったり叶ったりだよ!キョーコちゃん!!

「敦賀さんが嫌がっても、マンションまで押しかけて、無理矢理お世話しちゃいますから!!」

飛んで火にいる夏の虫…?

自分が言ってる意味わかってないでしょう!キョーコちゃん!!

「…最上さん、それ本当?」

「もちろん!本当で本気です。」

「じゃあ、最上さんの部屋を準備して待ってるね。」

「はぁ?何で私の部屋を準備するんですか?」

「最上さん、俺の側に一生いて、お世話してくれるんでしょう?」

「それは、敦賀さんが約束を守らない場合の話しです。今、社さんにもわかりましたって言ったじゃないですか!」

「わかりました、は言ったけど、買い物しないとは言ってないよ。」

「嘘です。」

「本当だよ。『しないよう気をつけます。』って言ったんだよ、社さんは気がついてたようだけど。それに俺が買い物しなくても『カイン』は『雪花』に色々買うと思うし。」

「ひ、酷いです、敦賀さん。約束破りです。社さんも敦賀さんの仲間なんですね!」

「い、いや、俺は別に蓮の仲間じゃなから。蓮、何とか言え。」

涙目のキョーコちゃんに必死に弁明する。

「最上さん、今回、社さんは俺の仲間じゃないよ。ただ、気付いていて黙ってから同罪だとは思うけど。」

プルプルと震え出したキョーコちゃんに止めの一言を蓮が言った。

「『BJ』としての仕事が終わるまでに、マンションの改装が完了するように手配しておくから。最上さんは引っ越しの準備しておいてね。」

「なっ、何言ってるんですか敦賀さん。」

「何って、最上さんが約束した事。それを実行するだけだよ。」

「約束って。そ、それは敦賀さんが約束を守って下されば…」

「俺は何も約束してないよ、努力するって言っただけ。本当に本気で約束したのは最上さんの方だから。」

「狡いです、敦賀さん」とキョーコちゃんが反論を試みる。

事々く蓮に返り討ちにあいながら、目の前で二人の堂々巡りが繰り広げられていく。




貴島、この二人、本当にすぐに出来上がるのか?俺にはそう見えないんだが……。

お互いがすれ違いのパスを出していて、一歩先に進むのさえかなりの時間が掛かりそうに思うのは俺だけだろうか?

「カイン」と「雪花」としての生活と仕事。それにプラスして、キョーコちゃんと共演という「おいしい仕事」まで手に入れて…一歩も進展がないなんて事ないよな?


「出来上がる」まではいかなくても2、3歩の前進は期待してていいんだよな…蓮。





                おわり







…………………………………


…えーと。なんじゃ、この終わり方は!と思った方、間違っていません。私もそう思うので。

一応、おいしい仕事?の話しは終わりなんですが…続編と言うか何と言うか、続きの構想があるんです。しかし次に更新する予定は別の話しと言う…何だかなぁ。

9月の予定と後書きみたいな物を後で(今日は無理かも…)載せますのでよかったら目を通して下さい。

糖度の低いお話に最後までお付き合い下さってありがとうございました。


「私信」真蘭さま、ありがとうございます。何とかめどがつきそうです。近い内にそちらにお伺いしますね(^O^)/



スポンサーサイト
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。