FC2ブログ
   
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●ありがとうございました。

●こんばんは、皆様。今年最後の一日をどうお過ごしでしょうか?




私は一年に一度の連休でダラダラしてます。11月中頃から体調が優れなかったのですが、大分回復して来ました。病院で胃薬も貰ってきたし、食べる準備バッチリです。…なんですが、病院の廊下に精密に計れる体重計が置いてあって人が少ないくなるのを見計らって乗ったら、後悔しました。

え~と、今日着てるコートは5㌔?ジーンズは2㌔?かしら、と現実逃避。その瞬間、来年の目標が決まりました、ダイエットです。スタイルがどうのこうのじゃなく、健康によろしくないので頑張ります。

●ここのブログを始めて早いもので半年たちました。不定期更新の中、足を運んで下さってありがとうございました。その上「ポチッ」と拍手して下さって更にありがとうございます。携帯なのでアクセス数はわからないのですが、拍手は一日「1拍手」で一年間で「365拍手」が目標でした。しかし、自分の予想以上に拍手をいただきびっくりしています。きっと、リンクを載せて下さってる素敵サイトマスター様のおかげですね。来年も頑張りますので、時々のぞきに来て下さいませ。お待ちしています。(^O^)/









●少し前ですが、家のワンちゃんが亡くなりました。17歳でした。私は仕事で家にはいなかったので、妹から連絡を受けました。その時、妹に指示を出しましたが号泣して何も出来ない状態で、仕事が終わって急いで帰り、あちこち電話してワンちゃんを葬儀場に連れて行きました。その間も妹は泣いてばかりいました。私は家に帰ってから一人になってやっと泣けました。

翌日、妹が「昨日の夜外でガタガタ音がしたよ」と言い、私が「風も無い夜だったから、きっとワンちゃんが帰って家の周りを走ってたんだよ」「きっと目も見えるようになって、元気いっぱい走ってるよ」と言い二人でしんみり涙ぐみました。

父や母が一気にボケてしまわないだろうかとか、妹が世話してる猫ちゃん1号(19歳、元気です)を異常に心配したりと、大丈夫かな家の家族と思っていたのですが、ペットフード売場でワンちゃん用のご飯を手に取ってしまう自分も相当だなと、変な笑いが出てきました。少しずつですが、皆元気を取り戻してます。

色々、思い出があります。

まだ目が見えている頃に、嫁いだ姉が里帰りした時。姉と母が外で立ち話をしている横にちょこんとワンちゃんもいました。そこに妹が登場するとワンちゃんはビックリした顔をして、姉と妹を何度か交互に見比べたそうです。そう、ワンちゃんは姉を妹と間違っていたんです。(←姉と妹は10歳以上離れてますが、よく似てます。私は全く似てません。)

目が見えなくなってから夜中に家からいなくなった事があり、保健所や警察に連絡して数時間後、警察で保護されてた事がわかりホッとしました。どなたかわかりませんが、雨で汚れたワンちゃんを(←車道をヨロヨロ歩いていたと思われる。)派出所まで車で連れて行って下さったんです。まだまだ、世の中捨てたもんじゃないですね。

人間同士じゃなくても一期一会ってあるのかもしれません。ワンちゃん家に来てくれてありがとう。

これからもいろんな出会いを大切にしていこうと思います。

スポンサーサイト
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。